吃音治療で病院とか行かなくていいから!!

このサイトの目的は吃音で苦しむ人の人生を向上させることです。

吃音症の原因は子供・幼児の時のストレス?親や大人から脳へ影響?

time 2015/07/17

吃音症の原因は子供・幼児の時のストレス?親や大人から脳へ影響?

ども。管理人のナカヤマです。

 

管理人も発症した『吃音』は幼児期、小児期、青年期と、

どの時期に表れても不思議でない症状です。

 

この記事「吃音症の原因は子供・幼児の時のストレス?親や大人から脳へ影響?」では、

一般的に言われている吃音症の原因と僕、管理人の事例をご紹介していきますね。

kitsu-gen

では早速、吃音の原因とされてるのは一般的に2つと言われています。

精神的な原因

 

大勢の人前に立ち多くの視線を受けたり、強いプレッシャー等から

過度なストレスを感じる時。また幼少期に両親からの強い叱責、家庭環境や

人間関係から受けたトラウマ等。

 

 

身体的な原因

 

発語筋や声帯が痙攣し吃音症状が出る。

ただこの場合も強い緊張やストレスから身体に影響を及ぼすことが

大きいと考えられている。

 

つまり、吃音の『直接的原因』は精神的な側面が大きいことは間違いありません。

 

それも物心つく年齢の時に、『親』や『近しい大人』から受けた

精神的なショックが大きい。それで脳の会話部分を統合する

神経系統に影響が出てしまうのが『吃音』ってやつなんです。

 

子供の左利きを無理に矯正しようとして、起こる弊害としても「吃音」は

取り上げられています。無理な矯正は発展途中の右脳と左脳がパニックを

起こし、吃音の原因となると一説では言われておりますね。

 

 

管理人の吃音原因・・・

 

管理人の吃音の原因は、たぶん父親にあったと推測しています。

父親は感情の起伏が激しい人でした。

 

何か少しでも自分の思ったことと違うようなこと、

想定から外れた結果が表れると怒鳴り散らす、まぁ言ってしまうと残念な人でした。

 

テレビでサッカーや野球の試合を見ていて、失点したりミスがあるとテレビに向かって

大声で罵声を浴びせる人いるじゃないですか?まんまアレです・・・w

 

 

成人して客観的に見てみると苦笑いですよホント。でも幼児期や子供の時に『親の人間性』

なんて勿論のこと考えませんから。「親は正しい」って思うのが普通ですよね。。

 

父親から怒鳴られ続けたことが、「自分はダメな人間なんだ」というような自分を責める

イメージを僕自身が無意識に育て、ストレスが蓄積されてしまったのでしょうね~

 

そして僕や他の重度吃音持ちの人は、そういったストレスが発語機能に影響が

出てくる体質・特性を持っていたため、吃音という形で外に出てきているんです。

 

 

大人になってから自分で改善・克服・治療を行ってきましたが、厄介なのは

吃音の原因とされる精神的ストレスを与える他者(多くは父親や母親)が、

無意識に、もしくは教育と称して良かれと思って行っていることです。

 

幼児期における子供の健やかな成長には“環境”への配慮が欠かせません。

どうか「圧を与え過ぎない」「抑えつけ過ぎない」「自信を無くさせない」

接し方をしていただくことを願うばかりです。

 

 

また吃音で悩まれている方に覚えておいていただきたいのは、

吃音持ちの人は、発語機能に影響が出る体質として生まれ、

その原因・体質は矯正・改善・克服できるものであるということです!

 

 

 

吃音を本気で治したい方はコチラの記事もご参考までに。


吃音克服の情報であれば、この教材だけで充分です。




down

コメントする




今、何位??

ナカヤマのプロフィール

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.